« May 2018 | Main | August 2018 »

June 2018 Archives

June 30, 2018

Shigi-san Quartet at Take5

180630_take5.jpg

今日は、信貴勲次さん(tp) を中心とした何時ものカルテットでのライブ。

メンバーみんなナイスプレイで、またお客さんも熱心に聞いてくれて、良いライブになったと思います。

演奏したインスト曲は、Along Came Betty , Con Alma , With Out A Song , You Are My Everything , Lavern Walk , Joy Spring 。

ボーカル曲は、We'll be together again , Antonio's song , 'S wonderful , Summertime , Smile , It don't mean a thing , Route66 等。

印象に残ったのは信貴さんの Joy Spring で、さすが浪速の Clifford Brown!(笑)、 気合いの入った熱い演奏はバッチリでした^^。私もライブ全体を通して走ることなく落ち着いて弾けて良かったです。

次回は、なんと、お盆の 8/14(木)です。お暇な方は(失礼^^;)(笑))お越しくださいね。

June 23, 2018

Miya-san Trio at Kingfisher

180623 miya nakai ikebe at kigfisher - up.jpg

今日は、宮 哲之さん (ts) 、中井 辰雄さん (g) 、私 (b) 、のトリオ。
場所は、今回初めてライブをする海南市の Kingfisher でした。

さすが、宮さん(ts)、素晴らしかったです。綺麗で良く歌い流れるようなスイングするプレイは絶品で、一緒に演奏していて、とても気持ち良かったです。中井さん(g)も、さすが、ナイスプレイで聞かせてくれました。

私も、なかなか良い演奏が出来たと思います。宮さんにもチラリ褒めてもらえて嬉しかったです(^^)。

お客さんも熱心に聞いていただきありがたい限りで、また楽しんでもらえたようで良かったです。良いライブになったと思います。

180623 kigfisher - up.jpg

June 11, 2018

YAMAHA SLB100

180611 Yamaha SLB100 up2.jpg


某友人から入手した( しつつある?)、サイレントベース YAMAHA SLB100

早速、弦を Belcant (D , A , E)、 Flexocor (G) に交換して、Fhil Jones Bass Cab アンプで鳴らしてみました。

弾き心地はウッドベースとあまり変わらないような感じ。
音色はエレキベースとこウッドベースの間くらい?、ナチュラルで綺麗な今風の音色で、良いアンプを使えば良い音が出そう。

ただ、ウッドベースのようにボディ(胴)で反響した深みのある含蓄ある響きはありません。ですので私は普通のライブではあまり使うことはないような気がします。大音量のセッションとか野外とかで使うのが良さそう。

ちなみに Belcant より Flexocor の方がパンチ力がある音で好みです(ウッドベースではあまり差は感じなかったのですが)。たぶんボディ内で共鳴して響かないので弦の素性がよりハッキリ出るのかもしれません。もしかしたら Original Flat-Chrome なんかの弦の方がより好みの音になりそうな気がします。今度また換えてみよう。

ところで以前、グリガの新品30数万円のをチラリと弾いたことがありますが、音は SLB100 より、グリガの方がだいぶ良さそうです。でも、安価な合板ウッドベースよりも SLB100 のほうが良いかもしれません。やっぱり価格相応?(これらは個人の感想です(笑))。

SLB100 の長所は、デカくないので持ち運びが便利、夜でもヘッドフォンを付ければ周りに騒音を出さず練習できる、外観がちょっと格好良いかも?、って感じでしょうか。

11月の Jazz Marathon あたりで使ってみようかな^^。

About June 2018

This page contains all entries posted to Baian Jazz Line in June 2018. They are listed from oldest to newest.

May 2018 is the previous archive.

August 2018 is the next archive.

Many more can be found on the main index page or by looking through the archives.

Powered by
Movable Type 4.261